地震、雷、美◯に勝ち目はない


ダイビング機材に

水中撮影のビデオとハウジング、水中ライト、

それにドロンだの、映像取り込みのための幾つかのHard Dusc

パソコンのMacに、iPadiphone

その上それぞれの充電器やケーブルなどひっくるめ

更に幾らかの衣服を詰めると

私の荷物は大きなスーツケース2個に、

リチュームのバッテリーの関係で

機内持ち込み用のドロン専用のキャリングケースなど、

全部で5個も持ち歩かねばならぬ。

 

だから、私の旅は空港での移動が大変だ。

 

 その点、

入国や出国の移動時Los CabsMexico Cityの空港では、

ポーターが目敏く近寄って来てくれ、

手荷物検査での積み下ろしから

カウンター迄の道案内までサッサとしてくれるから、

TipUSD10くらいは惜しむ気にならない。

 

むしろGさんの私にはイイ助っ人だ。

 

 が、帰りのLos Cabsの空港でチェックインの時、

Domesticは制限重量は30kgです。

 

アンタは26+28=54kg、24kgオーバーだ。

超過料金USD200-3,800ペソ(約25,000円程)払えと、

アエロメヒコのカウンターの美女がニコリともしないで、

の賜わると、

貴様、ナンテ事、言うのだ!と、頭に来る。

 

 MEXからSJDに飛んだ時はFree Chargeだったのに、

と文句を言っても、

ここはSJDの空港で、MEXの空港ではい。の一点張り。

 

 日本の空港でもチェックインカウンターに、

時々こう云う規則一点張りの『美女』がいる。

 

文句を言えば、

正当性を裏付ける書類を持ち出して来たりする。

 

下手をすると『お手持ちの荷物の重量も、お量りします』と、

お代官様。

 

ますます窮地に立たされてしまう。(笑)

 

 

 地震と雷と美◯には勝ち目がないのはどこの国でも一緒。(笑)