地震、雷、美◯に勝ち目はない


ダイビング機材に

水中撮影のビデオとハウジング、水中ライト、

それにドロンだの、映像取り込みのための幾つかのHard Dusc

パソコンのMacに、iPadiphone

その上それぞれの充電器やケーブルなどひっくるめ

更に幾らかの衣服を詰めると

私の荷物は大きなスーツケース2個に、

リチュームのバッテリーの関係で

機内持ち込み用のドロン専用のキャリングケースなど、

全部で5個も持ち歩かねばならぬ。

 

だから、私の旅は空港での移動が大変だ。

 

 その点、

入国や出国の移動時Los CabsMexico Cityの空港では、

ポーターが目敏く近寄って来てくれ、

手荷物検査での積み下ろしから

カウンター迄の道案内までサッサとしてくれるから、

TipUSD10くらいは惜しむ気にならない。

 

むしろGさんの私にはイイ助っ人だ。

 

 が、帰りのLos Cabsの空港でチェックインの時、

Domesticは制限重量は30kgです。

 

アンタは26+28=54kg、24kgオーバーだ。

超過料金USD200-3,800ペソ(約25,000円程)払えと、

アエロメヒコのカウンターの美女がニコリともしないで、

の賜わると、

貴様、ナンテ事、言うのだ!と、頭に来る。

 

 MEXからSJDに飛んだ時はFree Chargeだったのに、

と文句を言っても、

ここはSJDの空港で、MEXの空港ではい。の一点張り。

 

 日本の空港でもチェックインカウンターに、

時々こう云う規則一点張りの『美女』がいる。

 

文句を言えば、

正当性を裏付ける書類を持ち出して来たりする。

 

下手をすると『お手持ちの荷物の重量も、お量りします』と、

お代官様。

 

ますます窮地に立たされてしまう。(笑)

 

 

 地震と雷と美◯には勝ち目がないのはどこの国でも一緒。(笑)

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。