痛快な展示。

久し振りに東京に出かけた。

 

友人に電話したら

上野へ『北斎とジャポニズム』を観に行こう

と言うので付き合った。

 

土曜日のせいか上野の杜も、

会場に入ってからも、

人、人、人のもの凄い人出で癖易。

 

ホント東京の人出は凄い。

(笑)

 

しかし『床の間に飾るなんてとんでもない』と

當時の日本での評価だった北斎が、

度胆を抜く視点や

構図の妙、

たくみな描写で、

ゴッホや、ドガ、マネ、モネ、セザンヌなど

錚々たる西洋の印象派の画家達ばかりか

アールヌーボーのガレにまで

夢中にさせてしっまった痛快さが、

はっきりと分かる近年にない面白い展示で、

3時間半、

たっぷり楽しめた。

 

が、おかげですっかり疲れ果ててしまった。

(笑)

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』