圧倒的存在感に 感動。

一昨年も、昨年も、

殆どお目にかかれなかったシロナガスクジラを、

今年こそ、

なんとか撮影したいものだと、

孫の坊主を連れて、数日前からスリランカへ、やって来た。

 

馴れぬ海の上での長時間に渡る、苛酷なボートでの捜索に、

孫坊主が耐えられるかと、

心配していたが、孫は、ボートの上で口笛を吹いて楽しそう!

 

私がスキッパーに引っ張られ乍ら

シロナガスクジラを夢中で撮り終わったあと、

ボートを呼ぼうと、

ふっと振り返ったら、坊主は、いつの間に来たのか 

 

余裕シャクシャク、

すぐそばでアップアップして居る。

 

アレッ意外にタフなんだとビックリ。

 

流石、昔、YMCAの水泳で鳴らした餓鬼大将だけの事はある(笑)

 

その時、久しぶりに見たシロナガスクジラのデカさにも驚いたが、

一旦、Go Downか!と危ぶんだが、

態勢を持ち直してくれ

 

悠々と行進を始めた壮大な圧倒的な存在感に

 

久しぶりに感動することが出来た。

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。