迷いだすとキリが無い。

 

 

毎日の水中撮影が終了した後、ホテルに戻り、

カメラに装着したバッテリーを、

『水道水を蓄えた盥』に入れ、数時間放置、塩抜きをしている。

 

その時、

カメラの電源を入れ、撮影ボタンを押し、

バッテリーを『完全に空』にし、

その後、『満充電』し、『満充電』をしたバッテリーを、

『翌日使用』している。

 

が、帰国する最終日にどうすればよいか、迷ってる。

 

 

バッテリーを『完全に空』にしたまま

(次回、数カ月後に、使うまで、空のままにしておき、

(ダイビングに出かけ)再び使用する直前に、

『満充電』して使用すればよいのだろうか?

 

何故ならば、

『完全に空』にしたバッテリーを使用後、

すぐに『満充電』しても、

次回使う、数カ月後には、

ある程度、放電してしまうので、

その時(数カ月後)

幾らか放電してしてしまったバッテリーを『満充電』するために、

バッテリーを『完全に空』にしてから

『満充電』しなくてはならない。

 

だとすると、

1)空のまま次回使う直前まで充電しないほうが良いのか?

それとも、

2)現在、使用が終わったら、翌日使う時と同じように、

バッテリーを『完全に空』にしたあと、『満充電』して、

次回の使用時に、また、一度、『完全に空』にしたあと、

『満充電』して使用した方が良いか?

 

どちらがよいのか?

 

迷いだすとキリが無い。

 

😂

 

名古屋に居れば、電話一つですぐ解決出来るのに、

スリランカにいると、こんなことが解決出来ない!

けっこう私にとっては

切実な問題だ。

 

 

 

 

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』