『出なかったら御免なさい』

『出なかったら御免なさい』

と、最敬礼のパーフォーマンスをしながら、 

どことなく自信有り気なガイドのヤスさん、

孫のガクトのチェックダイブが済むや否や

マンタスクランブルに直行!

 

が、ポイントには

既に20艘近くのボートが舫で

『駐車場、満タン』で近づけない(笑)

 

スノーケラーも一杯。

 

やむなく東側の離れた場所から匍匐前進。

ここでチョット待て、のガイドさんの指示を受け、

待つ間も無く

ス、ス~ッと岩の真上に堂々たるマンタたち、

次から次と現れ、

グルングルンと大乱舞の大サービス。

 

伜や孫は初めて見る

大きなカーペットのようなマンタに大興奮。

 

大泡がブクブク!(笑)

 

 ログ付けの際、

オスとメスの識別の仕方を興味津々ガイドさんに尋ねていたが

 

キットあのマンタたちを、

あんなに間近に見られたせいだろう(笑)

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。