シロナガスクジラを追いかけ始めた。

 

 

会社のクライマーとマラソン仲間で、

初の富士山を登頂した。

 

と、長男が珍しく写真を送ってきた。

 

 

もう夏休みに突入するという間際に

次男の倅と、倅のところの孫と、娘のところの孫が、

夏休みにダイビングに連れて行けと、言い出した。

 

ただでさえ食べ物のアレルギーで海外旅行に連れ出せない孫たち、

せっかくの申し出、おGちゃんは、それはそれで嬉しく、

8月のスリランカ旅行の予定をドタキャンして、大車輪で準備。

 

おかげで久しぶりの石垣のダイビング、おおいに楽しめた。

 

が、終わってみると、

スリランカのホテルのマネージャーのアントンさんに

大忙しのシーズンまっ盛り、宿泊代も最高値のところを、

無理に4月頃に頼んだ予約を、ドタキャンした間合いの悪さが、

今さらなながら襲ってきて、

なんとも後ろめたい暗い毎日を過ごしていた。

 

そのうえ9月に頼んだ予約も、これはこれで問題があり、

断らざるを得なかった!

 

実は、写真家のFBへの投稿をみると、

(私の予定した時期と全く同じ)

8月の中旬からスリランカに行かれたようだが、

日々、やれ象さんの大きな群れに遭遇した!

仔象たちが可愛かった!

イルカの群れが~~~!

毎朝浜から見るライジングサンの荘厳さ!

ニゴニゴの海にいる普段は無視のジンベイザメにも逢えた!

 

とあるが、一向にジンベイ登場のレポートが投稿されない!

なのに彼は『人気があり予約がすぐ満員になりますよ、早く参加を!』

と、呼びかけている。

 

本当のところ、どうなのだと現地に問い合わせた。

と、この夏は、シロナガスクジラ、全くおりません!出て居ない!

 

ナラ行くの止める!と又々9月分の予約をドタキャン。

 

気分は最悪。

 

あと数日で満月という日にホテルのアントンさんから

うちのボートのゲストが今日シロナガスクジラを見ましたヨ!

しかも10頭以上ですヨ!との報せ。

 

嘘ッそう!?!?

 

スミットさんに一体どうなんだ?

本当のところを調べてくれと頼んだ。

ら、と、いつに無くスグにまた連絡があり、

電話をかけまくって調べた。

どうやらアントンさんの情報は本当らしい。

 

ジュンペイさん急いで出発出来ないか?

居るうちに急いでおいでよ!!

となった。

 

大車輪であちこち手配を初めたものの、

日程を何日間にすべきか迷いに迷っていた。

 

このGさん、いい歳をして、家族を放って毎月のように

気ままな旅に出かけることが、

何かしら後ろめたいのだ。(笑)

 

そんな人の気も知らないで、この晴れ男の倅、

 

『生き甲斐は

じっとしてても

向こうから

きませんからね』

 

と、書き添えている!(笑)

 

それで、即、ココロおきなく決行を決め、

しかも日程は10月の半ばまでエキステンド!

 

そして今朝から、

私は、スリランカの海でシロナガスクジラを追いかけ始めた(笑)

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。