『めし』を喰いだす時に限って。

 

 

朝6時7時には浜を出るので、

朝飯を

ホテルで喰う時間がない。

 

今まではボートでサンドイッチを用意してくれていたが、

ボートマンの『おっかサン』が作ってくれる『賄いメシ』を、

私が旨い、旨いと悦んで食べるので、

最近、スリランカンスタイルのボートでの朝飯が毎日恒例となった。

 

ボートの上でのサービスは

キャプテンのダヌーカが引き受け手。

手馴れたものだ。

 

ただ『めし』を喰いだす時に限って

シロナガスクジラが現われるので、

せっかくの旨い飯を落ち着いて喰えないのが困りもの。(笑)