後世にLegendとして遺る 作品

どうやら『長崎に出張』の途中の、

忙しいスケジュールをやり繰りされて

名古屋に立ち寄って頂いたようだ。

 

と、あとでわかったのだが、

ほんとうに久しぶりに、

名古屋のNHKに勤務されておられた頃の

映像のお師匠さんのヤスさんに、

お目にかかれた。

 

懐かしく大変嬉しかった。

 

名古屋にいらっしゃると、ご連絡いただいた時には、

駅か、仕事をなさるNHKか、その他、指定の場所にお迎えに上がり、

NHKの南あたりで、飲み食いし、お話を伺おう。

そんなつもりだったが、

 

然し、せっかく、ホントウに久しぶりにお目にかかれるので、

映像を自宅で、是非見て頂きたいなあ、と、

ダメ元で、お願いしたら、 

OK 頂き、

思いがけなく 私の書斎で思いっきり

最近の映像を見て頂いた。

 

昔のように撮影や編集に関し貴重なお話を伺い、

私なりに抱えていた『悩み』の解決の糸口も見つかり

大いに助かって有難かった。

 

 

翌日、4KKの放送開局の特別番組を見、

世界中で撮影された素晴らしい映像を見て思ったのだが、

私はシロナガスクジラの映像ばかりお目にかけたのだが、

ドロンで撮ったトリンコマリーの海岸風景や、

ボート上から撮影した映像や、

特別番組に決して劣らない(笑)

Kの素晴らしいスリランカの各地の『秘境』の映像を

ゆっくりお見せしてなかったことに、あとで気がつき、

残念でならない。

 

 

BBCすらまだ放送されてもいない、

水中で撮影されたスリランカのシロナガスクジラを中心に、

『山本さんが撮影された4Kの映像』が実現されたら、

 

南の果てまでペンギンを撮影に行かれるほど珍しい映像を求められる

KKの世界で、きっと、今後、貴重とされ、

必要とされる時代が来るように思われる。

 

と、特別番組を見て思ったのだ。

 

南オーストラリヤは勿論、

スリランカでも、

南のMirissaではWhale Wgtching

認められても

水中での撮影は禁止になった。

 

今や、全世界7つの海で、水中でシロナガスクジラを、

鮮明に撮影出来る唯一の海であるTrincomaleeの海で、

後世にLegendとして遺る

山本さんの作品をNHKの力を背景にして、

残されることを願ってやまないのだ。

 

何とか頑張られるとよいのだが。

 

何としてもお力になりたいものだ。

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。