ホッとした。


 

昨年、もう年も暮れんとする28日の夕方、

月刊誌マリンダイビングの編集長の後藤ゆかりさんからメールが届いた。

 

***

 

今枝さんが、今年、素晴らしいシロナガスクジラを撮影された、

というお話を

大隅会長から、伺いました。

 

今枝さんには、以前、一度、誌面に出ていただいておりますが、

連載も新しく生まれ変わっております。

 

『マリンダイビング』2019210日発売の3月号のSDC連載で、

変わったダイビングをしている方、

元気の出るような海で潜っていらっしゃる方を

ご紹介したく

今枝さんに、もう一度、出てはいただけないか・・・というお願いです。

 

もし可能でしたら、

・その時のお写真2点ぐらい

・今枝さんのお顔写真

・その時のレポート

旅行日程、行き先、なぜ行きたかったのか?

 実際にシロナガスを見てどう思われたか?

 ウオッチングするのに大変だったスキルなど~~

 

***

 

という、原稿の依頼だった。

 

今年の正月休みは、

昨年引っ越しをし、やっと落ち着いた新居で、

お節を肴に、熱燗をたっぷりグビグビ飲り、

ゆっくりしようとおもっていた。

 

原稿の締切日が15日というのでは

正月のお休みを返上しなくてはならん。どもならん(笑)と、

思っった。

 

が、考えてみると、いいお年寄りに

マスコミから声がかかるチャンスなどそうあるものでは無い。

謙虚にお引き受けしなくてはと、

紅白歌合戦も、上の空で、楽しめない歳の暮れになってしまった。(笑)

 

とにもかくにも取り敢えず纏めて、

成人の日の連休前に、

写真を添えて原稿をお送りしたら、昨日メールの連絡が入っていた。

 

どうやら責だけは果たしたようだ。

 

***

 

このたびは壮大な素晴らしい原稿とお写真をありがとうございました。

すごい! 凄すぎます!! シロナガスクジラもそうですが、

あれだけの世界最大最長のクジラに逢うためには、

いろいろと苦労もされていたのですね。

 

想定している分量よりも多いので、

削らせていただく部分も出てきてしまいますが、

削りたくないですね。。。

どうやって掲載しようかと今、うれしい悩みに陥っております。

 

取り急ぎ、お礼を・・・ということで

ありがとうございました。

 

***

 

少しは『苦労』が伝わったようだ(笑)

 

ホッとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。