楽しそうで面白そう。

 

今日の『読売新聞』に

『大学最前線』ととして

AIT 愛知工業大学が取り上げられ

後藤泰之 学長が、さまざまな情報を

広報されている興味深い記事が

掲載されていた。

 

高校時代の3年間、トップをひた走り続けた頑張り屋の孫なら、

東京などの有名工業大学に進学出来るのに、

(秘かにたのしみにしていたのに)

何故、地元の大学に入学したのか、

私には理解出来なかった。

 

が、なんとなく彼の望みの、

その一端がよく判った気がした。

 

とても孫のやりたいことが実現できそうに思え、

納得出来た!

 

楽しそうだし面白そう!

 

 

むかし、百貨店やショッピングセンターなどに連れて行くと

あっという間にどこかに消えてしまい、

困り果て呼び出しをして貰ったり、

『迷い子さんがおります』

などと呼び出されたりし恥を何度もかいた事が、

度々あ合った。

 

そんな時必ず夢中になっていたのが、

ガッチャマンとかマジンガーZとか

ウルトラマンだったりとか〜〜〜の

売り場で撫でたり摩ったりしていた。

決して買ってくれとはいわず、

誕生日とかクリスマスを楽しみにしていた。

(笑)

 

 

さすがの選択だ。(笑)

と、安心した。

(笑)

 

 

失敗を恐れず挑戦する

『学生チャレンジプロジェクト』に取り組む

学生をサポートする制度があり

最高100万円が助成されるとか。

 

『鉄人プロジェクト』が2003年にスタートし

毎年十数人の学生が参加し鉄人ロボットの制作進化に挑んでるとか。

 

現在高さ2メートル『鉄人13号』

二足歩行する『鉄人14号』に取り組んでおり、

『将来の夢』は『空飛ぶ鉄人』だとか。

 

他にも、ソーラーカー、電動バイク、座敷からくり、

体験型デジタルゲームの製作などのプロジェクトに挑戦。

 

『鉄人28号』が本学のイメージキャラクターと、

聞くと、さすがに『エッツ!?』と思ッタリもするが、

人と地球に優しい『血の通ったエンジニア』育成が

モットーの『想像と人間性』につながると採用したのだそうだ。

 

『ロボットミュジアム』も、

ものづくりの楽しさ奥深さに気づき

夢中になれる施設として15年に開設された。

 

日本最大級の耐震実験施設も

耐震実験センターとして備えられている。

 

などなど、孫が楽しめそうで面白そうな大学だ。(笑)

 

 

『 私の夢 』

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

その、描いた夢が、

有り難いことに、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おもえば、おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

ガラパゴスだけなら

2014年の秋に

4度目が

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影する事』

だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 願い続ければ

 夢は必ず

  実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

   知られていない、

    スペインと、

  ポルトガルの沖合の

   東大西洋上の島で、

    ダイビングする

     ことだ。