我慢、がまん。



 

悔しいぐらい羨ましい。

 

これでもか、これでもか、と

ケイジさんが、驚くばかりのハンマーヘッド達の群がるさまを

与那国からレポートしてくる。

 

が、この与那国の情報には

マイナス情報が殆ど伝えられない。

 

夏ならばなんともないだろうが、

冬季、北の海から吹き寄せる寒風は、

身体を凄まじく冷やすだろうし

体温を奪う水温も凍えるくらいに違いない。

流れも強いだろう。

 

『お願いします』と出かけたいのはやまやまだが、

逞しい若者達と違って

老身のうえ冷たさで身体がいうことを効かなくなる

不測の緊急の対応がしきれないことを考え、

私は自重している。

 

が、なんだか、最近、我慢しきれなくなってきた(笑)

身体がムズムズしてきている。

 

誰かを誘ってとも思うが、迷惑をかけることはあきらかだ。

 

がまんがまん。

 

もう少し我慢すれば

シロナガスクジラやマッコウクジラの群が

オイラを待っていてくれるじゃないか!

(笑)

 

 

もうすこしだ、我慢我慢!

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』