酷暑日の運動会


明後日は、

来年の春中学に進学する孫娘の

小学校最後の運動会です。

 

と、連絡があったので、

今日は多分34度の酷暑日になりますお気を付けください

とTVが報じていたが

早速9時、朝1番に駆けつけた。

丁度校長が開会の挨拶を始めたところだった。

 

運動場に整列した小学生の全員の数が

エッこれで全員!?

 

と思われるほど少ないのに驚く。

成る程、少子化はますます進んでいるなと、実感。

 

それにしてもどの子も

白か赤の帽子をかぶり

白シャツに白のショートパンツ。

みな同じ格好で、どの子が孫か全く見分けがつかなくて困った。

 

6年生だから体の大きそうなグループに居るだろうと

ウロウロ探していたら、

『アツおじーちゃんが見えたヨ』『チーちゃん、オジーちゃんが見えたヨ』と

どこかのおばさんが

(何故か私を覚えていてくれ)

大きな声で呼びかけひきあわせてくれ

やっと孫娘が判った。(笑)

 

が、6年生は6番目に『短距離走』だというので

ゴールのアタリでゴールインするときの写真でも撮ってやろうと

待ち構えていたが、

孫娘がどこのグループで走るのか、

どこの居るのか、

どの子を写したらいいのか、

さっぱり判らずで困った。

 

我が孫娘がテープを切る英姿を撮りたかったのだが~~~。

 

 

多分この子だろうと撮ってはみたが

大丈夫だろうか心配だ。

(笑)