電話願うのが『おもてなし』

 

システムファイブの

二木さんから、

 

『ドローン本体の新品を用意する事が出来ました』

 

とメールの連絡があった。

 

ドローンなどという時代の先端をゆく(笑)

製品を扱っているところとは思えない

『クラシカルな対応の会社』だ。

もう何度買ったドローンの取り替え取り替えをした事だろう!

 

いい加減にしてもらいたいものだ!

 

『用意する事が出来た新品』とは、

以前から何度も聞かされていた

発売時期が未定だった後継新機種が、

 

愈々、新しく発売された『新しい機種』のことだろうか?

 

今、預っている機種ですら

(これまで飛ばす事が出来たスリランカの海上や海岸で)

この4月も、飛ばすことが出来無い時が、屡々あった。

 

だから、少し待ってでも、

 

せっかくのチャンスに、

安心して撮影が出来る新機種が発売されるまで

待ってくれ、というので

こちらは、待機しているのだ。

 

次のスリランカの撮影シーズンは、

7月末頃から9月にかけてだ。

是非チャンスを逃さず海上から

シロナガスクジラを撮らえたいと願っている。

 

もし間に合えば、

(それまで国内各所で練習をし)

満を持して出かけたいと考えてもいる。

 

電話をしたいとのことだが、

最近は大体在宅している。

が、電話を携帯していない時もあるので(笑)

その場合には再度、後刻、又は翌日にでも、

電話願うのがクラシカルなサービスの会社の

『おもてなし』だと思うが〜〜〜(笑)

 

 

 

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』