悩みが尽きない。

 

来年迎える2020年

最後の夢を叶えて、私の幕を閉じよう!

 

そんな考えで、

今年の年初からアレコレ工夫を凝らしている

 

『世界の海を潜りめぐり、

各地の絶景をMavicで、空から撮影しながら

(出来たら夢のゆめ)

ファーストクラスを乗り継いで回る世界一周の旅』

 

で、私が今迷っているのは、
各地でダイビングを『独りで』行う事について、
(先回、世界一周した2005~2010頃と違って)
若い頃と違って
何かとヘルピングが必要な『老齢!』になってしまっている今、
『独りで』ダイナミックなダイビングに行くことが可能か?
『年寄り』だから無理だよと、
『断ってくれる良心的なところ』ならば、むしろ安心だが、
金さえ出せば
『OKです!  大丈夫ですよ!』と、
安易に引き受けてくれるところが多いいのではないか?
『安心して安全なダイビングが出来ない』のではないか?
というジレンマに悩まされている。
自分で自信を持って可能なところ数カ所に絞る?
と、すると、
そのためだけに機材を、世界中、持ち歩く負担は大きい。
いっそ、ダイビング器材を持って行くことは諦めるか?
はっきりとダイビングは断念するか?
この辺が悩みどころだ。
ダイビング器材を持って行くことをやめるなら
キッパリダイビングを止める!
この決心が大事だと思っている。
実施する時期は、来年の初夏〜晩秋の頃が、
地球の裏も表も
何処も同じようにベストと考えられるのも悩みの種だ。
今回、スリランカに来るにあたって、
名古屋ー成田ーコロンボをCクラスで手配したが、
9月10日セントレアのチェックインの折に、
突然成田行きの JALが(台風の影響で)キャンセルされてしまった。
そのため旅程がバンコク経由コロンボとなってしまい
長距離をフルフラットで飛ぶ』予定が、
全旅程『椅子式のシート』で飛ぶことになり辛かった!
それでも『代替便』が確保できただけでもラッキーだった。
『代替便』が確保できなかったら〜〜〜と思うとぞーっとする。
数ヶ月旅を続ける旅程だから尚更だ。
今回は日本語だから強引に粘って交渉出来たが、
また、いつも飛んでいるところなので、
旅程の変更もすぐ頭に浮かび交渉も出来た。
が、
英語で『未知のルート』の『代替機、代替便』の交渉をする
となると大変困難になる。なあ!(笑)
そんなことを予め対策した旅程にするためには
どうしたらいいのだろう?
悩みが尽きない。

 

2000年から

潜り始めた

私のダイビング。

 

幾つかの夢を、

その時々に描き、

夢中になって潜ってきた。

 

有り難いことに、

その描いた夢が、

ひとつ。

また、ひとつ。

と、叶い、

おかげで、

たくさんの夢が叶った。

 

今、願う私の夢は、

 

ふたつ。

 

 

 

そのひとつは

中南米の

東太平洋側の

沖にある

 有名なココ島、

 マルペロ島、

 ガラパゴス諸島など

の絶海の孤島を

  いち度に縦断

 

あのゴージャスな

海中の饗宴を

心ゆくまで

撮影する

こと。

  

 

個々には、それぞれ

何回かずつ

実現した けれど、

(笑)

 

 

もうひとつの

私の夢の夢

 

この地球上で

最大最長の

哺乳動物である

シロナガスクジラを

『水中で撮影』

する事だった。

 

これも

2014年の夏に

叶った!

 

 

『夢は叶えるものだ』

 必ず実現する!

 

 残る次の夢は〜〜。

 

 

 日本のダイバーたちに

   まだ、ほとんど

  知られていない島で

   ダイビングする

     ことだ。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 私の夢 』