ナントも嬉しい便り。

 

9月10日からtrincomaleeに来て、

ローカルと同じメシをボート上で喰いながら

9月25日まで

スリランカで頑張っている。

 

今朝、途轍もなく嬉しい便りが届いた。

パラオの

敬愛するインストラクター

トミナガさんからだ。

 

随分長くなってしまったが、以下早速ご返事しておいた。

 

    

トミナガさんが『やっと思い出してくださり』ナントも嬉しい。

こんな嬉しいこと。久しぶりに体験しました。

有難うございました。

 

それなのに富永さんとアンミツさんが

『イマエダさんのこ』となどを話題にしてくださったと伺うと

まあ『ナント光栄なことだ』と

更に嬉しくなってしまいます。(笑)

 

最近アンミツさん、

ダイビングも写真の腕まえも、すっかり挙げられましたネ。

以前からいい映像が撮れると

私に送ってくれていましたので、

私も負けずに、これでもか、これでもかとお送りしておりました。(笑)

 

が、ここ数年前からは凄く迫力のある写真が急に多くなり、

とても太刀打ち出来ず大変悔しい思いをしております。(笑)

 

それどころか、

撮影した映像が、

いろいろな写真展のポスターに度々採用されるようになり、

その度に報告とともに

素晴らしいポスターを送ってくださるばかりか、

つい先日は、

銀座で開催される中村征夫さんの関わっておられる

写真展『水のとき』

[於、富士フォトギャラリー銀座]

 

こんどもポスターに撮影した写真が、採用されたと

(なんとも羨ましい通知と共に)

ポスターが送られてきました。

 

いや~~~なんとも素晴らしいポスター!

 

もう駄目です!

哀しいかなイマエダさんの出る幕はもうありません!デス。(笑)

 

シロナガスクジラを撮り始めたのは2014年頃からで

それ以来夢中になって追っかけておりますが、

それから、毎年、春と夏のシーズンに撮影に出かけるようになり

83歳の今、PanasonicのGH5で4Kの映像に挑戦し、

さらにDJIのフラッグシップドローンのMavic 2 Proと

スマート送信機を組み合わせて空からの撮影にも挑んでいます。

 

ですのでセガレや孫たちを連れての『お義理のダイビング』以外は

パラオをはじめ彼方此方に出かけなくなってしまいました。

 

勿論、両方打ち込むと○○が続きませんので~~~(笑)

という理由だけですが。

 

ブルーマリンでトミナガさんに再びガイドして頂くことが

私の夢であることに変わりはありません。

 

でも、もう限界です。

今またローカルと同じメシを

ボート上で喰い9月25日までスリランカで頑張ってますが、

ぜひ是非ご厄介になりたいと思っております。

 

受けていただけますか?

 

どうぞヨロシクお引き受けお願いしたいと思っております。

 

お久しぶりのメール大変嬉しく拝見しました。

有難うございました。

 

 

トミナガさんは正論を吐くインストラクターだ。

83歳になった私を、

今、はたして受け入れてくださるダロウか?