お目にかかれる日が楽しみ。

 

数日前、

エンジェルス球場で、Itssho  Time ! と、

”翔”を Show と懸けた看板を掲げ、

アメリカの女性フアンたちが、

大谷翔平選手の活躍ぶりを

熱狂的に応援するさまをNHKの番組で報じていたので、

ツイツイ夢中になって2時間視てしまったことを

久しぶりにFBにポストしたことがあった。

 

その投稿を見て、

思いがけず懐かしい連絡をHamadaさんから貰った。

 

私が出品した水中映像祭が、

コロナの影響で、開催されるかどうか、

主催者すら判断がつきかねたらしく、

開催か、延期か、あるいは中止すべきか。

大いに困ったらしく

結論が出されず一体どうなるのか、

いい加減にしてくれよ!

という時期があった。

 

その時、銀座で開かれた写真展『海で逢いたい』に出品された友人が

関係者からの情報として『中止される』らしいヨと

耳打ちしてくださった。

 

その時、もし開催されるならば

Hmadaさんと時間を合わせて見に行けるかもしれないから、

判ったら上映時間を教えて、というような連絡があった。

 

いっときHamadaさんは体調を崩し

生死をさまようような状態だとも聞いていたので、

その後、どうされたかと、ずーと、心配だった。

そんなことを友人に連絡したことがあった。

 

その後、水中映像祭は中止されてしまった。

 

そのHamadaさんに、

私の”傑作”を『映像祭でご披露出来なく』なってしまい。

”褒めて貰うチャンス”を失ってしまった(笑)

 

実に残念、無念!

 

が、そんなことよりも、思いがけなく、

もうすっかりお元気な様子の連絡を貰い、それの方が嬉しかった。

 

ヨカッた、ヨカッた!

 

いつの日に映像祭、

また再開されるのか、皆目見当もつかない昨今の感染状況だが、

いつの日か、

お目にかかれる日が楽しみだ。