予防線を張る。

 

同窓会の会報の編集者から

第2校正のゲラとともに提案が送られて来た。

 

お孫さんの写真と入れ替えに

カメラの写真を挿入したい、と。

 

カメラの写真を掲載されることは

それはそれで嬉しい提案だが、

 

そうなると写真につけるタイトルは、

どうしても

『4K動画でのシロナガス撮影「世界初成功の愛機』

 

 

~~~長すぎますね!

笑。

 

 

因みに老いたシニアダイバーゆえの苦労話(恥を晒して)ご披露する、笑。

と、

このカメラ(正確にはカメラ本体の3倍も値の張るプロテクター)は、

写真を拡大すると判りますが、

絞り調整のボタンを始めピンボケ予防対策のボタン、

WBホワイトバランス調整のボタン、露出補正の緊急ボタン、

光量不足補正のISOのボタン、などなどの

老写真家には必須の予防対策がメモしたテープ」が、

全身に貼り詰められた、満身痩躯の

(孫にも劣らぬ)可愛い可愛い

『4K動画でのシロナガス撮影「世界初成功」の愛機』

なのです。 笑。 

 

と、ボツにならぬよう予防線を張っておいた。