同窓会会報に掲載

 

6,70数年も前に卒業した

愛教大府中の同窓会の会報の編集者から

シロナガスクジラについて書いてくださいと、

この夏に依頼され

寄稿した会報が送られてきた。

 

『世界の海に夢を迫って潜り続ける4回生のシニアダイバー』

というタイトルだった。

 

私のセガレや孫たちにあたるような若い卒業生や

孫たちよりも若い在校生たちが寄稿している聡明で質の高い、

レベルの高い原稿の数々を、

改めて、読ませて貰った。

 

寄稿を依頼された時に、

優秀な卒業生が大勢いるので、

身の程をわきまえ、

もちろん辞退を申しでた。

 

が、女性の編集者の、熱心で的確なアドバイスがあったので

寄稿する気になったのだが、

掲載された自分の拙い原稿には、

やはり恥じ入るばかりだ。

 

 

いい歳をしながら、ことしも8月から9月にかけて、

半月もの間、石垣島でロングステイして

ダイビングを楽しんできた自分に、

 

ナンデダロ(名古屋弁)笑。

 

と、頭を傾けながらも〜〜〜、

 

まあこういう老後の生き方も有りだ。と、自分に言い聞かせ、

 

止める気もなく、笑。

 

アフターコロナ、

次は、何処で、いつ、楽しもうかと、

パソコンを叩いて模索し続ける、

性懲りも無い、

おバカな私だ。

 

しかし、今回は、優秀な女性編集者が担当してくれたおかげで、

私の『幸せだったダイビングに明け暮れた想い出の日々』を

古い写真を引っ張りだしたりして、

改めて見直す機会にも恵まれ有難かった。

 

むしろイイチャンスを与えてくれたと、

感謝の気持ちで一杯だ。