息切れもし汗もかいたが。


コルセットに締め上げられているせいの運動不足で、

気のせいだけではない、

実感として、

この頃、腹がまたまた張り出してきたように思える。

 

こりゃいかん。

 

今日はもう数日で12月を迎えるというのに、

Tシャツでも汗ばむような暖かさだ。

 

ヨシ、今日の Walking は、

思い切って鹿子殿からチョットばかし足を延ばすことにしよう。

 

お堂のある丘まで少しばかり息切れがし汗もかいたが、

頂上から、よく見ると、

ナント御嶽山まで(クッキリとまではいかないが)バッチリと眺められた。

 

まるでどこかの高原に行ったかのような、

紅葉した樹々が廻りに聳え、なんとも素晴らしい晩秋の眺めだ。

 

頑張ってきてよかった。

 

枯葉がふかふかと積もった道を歩く感触が、

昔どこかの山道を息せき切りながら登った時を想いださせてくれた。

 

しかし今は違う。

息急き切って、汗を垂れ流しても、

耳からはフルニエのチェロが聴こえ、

疲れなど全く感じさせない。

 

Bluetoothのおかげで

2時間余の大曲が延々と繰り返し続いて流されるイイ時代になったものだ。

ほんとうに有難い。

 

帰り道は猫ケ洞の池の周りを巡れば万歩計も相当な数字になるはずだ。

 

帰ればオテルドミクニ直伝のチーズケーキが待っている。

一気に元気が出てきた。笑。