もうしばらくは続けたい

何度も友人からメーールを貰っていたのに

返事するのをご無礼していた。

もつぱら、

近くで 一日一回は 外出し、歩き回って 気分 転換 。

 恵比寿、目黒、ガーデンプレイスだけで 渋谷、にも 行きません。

毎日 コロナで 注意を喚起されており 、あの 群衆は怖い

月2から3回ぐらい 通つていた 銀座も ご無沙汰

 

などなどと、友人からメールを、度々、貰っていたが、

『相変わらず 前向きの人生を 楽しみながら ご活躍の 様子 何よりです』

と、彼からもらったメールの書き出しを

そっくり、このまま、彼にお返ししよう。(笑)

 

 

 

 奥様が、看護で 長い間 気力 体力を 消耗され 

今だに完全な本調子になって居られないとか。

 

殆ど半生を捧げ舅や姑の看護に勤められたのに、

裁きの結果の無念さが、いかばかりだったか、

ジーッと耐えられた奥様にとっては、

『気遣って、恵比寿を、約3000歩、40分ぐらい共に歩き、

休憩のため、ケーキの 美味しいコーヒー店に 入り

 コーヒで疲れを癒して居る』

という『彼の優しい思い遣り』が、

なに物にも代え難い救い。

奥様にとって最高の癒し。

になっているに違いない。

 

彼は本当に優しい!えらい!

    

孫むすめ達のような小3年生に混じって

難しくて 閉口しながらも、

 ピアノの 発表会で、

シヨパンの ノクターンを奏でているかっこいい爺さん。

 

孫 娘 (薬学3年) が 応援してくれているって!

 

なんとも幸せな超高齢者 の姿じゃないか!

羨ましい限りだ。

 

いつまでもタキシードを着て、 出演し続けて貰いたい。

我々高齢者の誉れ高きアイドルだ!

(爆笑)

 

 

私にとって、

春先は、

シロナガスクジラのシーズンなので、

この数年、

殆ど海外で暮らしていたので、

昨年の春と今年の春は、

いつになく満開の桜の花をたっぷりと見られた。

が、武漢コロナ(Covid 19)のおかげだと言い乍ら、

いつの間にか、

今年は、もう新緑の季節を迎えてしまった。

 

こんど海外に出られるのはいつになるか判らないが、

準備だけはと思い練習しているプールでのSwiming。

足が、もつ縺れてしまい息もキレギレになり、

うまく泳げなくなってしまった。

彼のタキシード姿の発表会のように

いつまでも続けられそうにはないけれど、

もうしばらくは何とか続けたいと願っている。