ワクチン接種証明書

 

 

特  報 

😃

 

海外5か国で優遇措置を受けられる

『海外渡航者用のワクチン接種証明書』が、

26日から交付申請受け付けが始まると報じられた。

 

政府は26日から、

海外渡航者向けの新型コロナウイルスのワクチン接種証明書について、

全国の市区町村で交付申請の受け付けを始める。

 

接種証明書を提示すれば、

イタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランド。など5か国で

入国時の待機やウイルス検査などの免除・緩和

といった優遇措置を受けることができる。

 

 

 

 対象となるのはイタリア、オーストリア、トルコ、ブルガリア、ポーランド。

韓国では、入国時の待機免除の申請に必要な書類の一つとして認められる。

 

政府はその他の国とも調整を進めており、

対象国をさらに拡大させる方針だ

 

一方、日本への入国時には、

接種証明書があっても待機などの防疫措置は緩和されない。

 

帰国するときはどうなるの!?

 

 

 接種証明書の希望者は、

申請書やパスポート、ワクチン接種時に渡される接種済み証

などを市区町村に提示するか郵送する

発行手数料は無料で、早ければ即日交付される。

 

 

気になるのは

ファイザー製のコロナワクチンの場合だけ?  

モデルナ社製の場合は?